現在の日付、時刻をいろいろな表示形式で表示する


print date('Y-m-d H:i:s');

//設定例
//Y:(4桁の年)
//y:(2桁の年)
//m:(2桁の月)
//n:(1桁の月)
//d:(2桁の日)
//j:(1桁の日)
//H:(24時間表示)
//h:(12時間表示)
//i:(2桁の分)
//s:(2桁の秒)

実行結果

2014-01-02 23:15:00
date()関数:タイムスタンプから指定したフォーマット文字列で現在の日付、日時を返す

date()関数表示例
date('Y年n月j日')2014年1月2日
date('Y年m月d日')2014年01月02日
date('Y-m-d H:i:s')2014-01-02 23:15:00
date('y/m/d h:i:s')14/01/02 11:15:00

指定した時刻からタイムスタンプを取得する

print strtotime('2014-01-04 11:49:00');

実行結果

1388803740
strtotime()関数:指定した時刻からタイムスタンプを取得する
タイムスタンプとは?:1970年1月1日 00:00:00 GMTからの経過秒数

date関数とタイムスタンプの合わせ技


$tmp = '2014-01-04 11:49:00';
print date('Y-m-d 00:00:00' , strtotime($tmp));

//$tmpにはSQLから取得した日付データを入れれば非常に便利です!

実行結果

2014-01-04 00:00:00

現在のタイムスタンプを取得する

print time();

実行結果

1400371053
time関数:1970年1月1日0時0分0秒(グリニッジ標準時)からの秒数を返す
一番上の date関数は、date(‘Y-m-d H:i:s’,time());としても同じ結果です!
time()関数を省略しているんですね。

日付や時刻の一部を取り出す


$now = getdate();	//現在の日時から要素を取り出す

echo "<p>".$now['year']."</p>";		//年
echo "<p>".$now['mon']."</p>";		//月
echo "<p>".$now['mday']."</p>";		//日
echo "<p>".$now['wday']."</p>";		//曜日 ※日曜日:0 ~ 土曜日:6
echo "<p>".$now['hours']."</p>";	//時
echo "<p>".$now['minutes']."</p>";	//分
echo "<p>".$now['seconds']."</p>";	//秒

実行結果

2014
1
4
6
8
41
36
getdate()関数:指定したタイムスタンプから各要素を配列取得する
$now = getdate(1388803740); とgetdate関数の中にタイムスタンプを入れてもOKです!

参考文献

【送料無料】PHP逆引きレシピ第2版 [ 鈴木憲治 ]

【送料無料】PHP逆引きレシピ第2版 [ 鈴木憲治 ]
価格:2,940円(税込、送料込)