37歳で初発症した痛風。発症時尿酸値8.4mg/dl。
最初は人伝いにいろいろと情報を集めました。(周りに聞いたら意外と『痛風』発症者って多かったです。ちなみに自分の父も・・・)

webでも調べましたが、やはり信用できるのは医師が書いた『書籍』。
重要な情報だけ抜粋して紹介していきたいと思います。

痛風専門の書籍を何冊か読みました。
そのなかで、『メカニズム・食事・運動』別にもっとも詳しく、わかりやすかったのが、『本気で治したい人の痛風 [ 日高雄二 ]』こちらの本が家庭に一冊あれば、ほかにはいらないと思いました。

本ブログでも一部内容を抜粋させていただいています。
詳しくは本書をご覧ください。日高院長の著書です。

痛風発症のメカニズム

高尿酸血症

高尿酸血症とは、尿酸値が7.0mg/dlを超える状態だそうです。
私が発症時は、右足首の突然の痛み。 う~ん。痛風ですね Part1でも書きましたが、8.4mg/dlでした。
立派な高尿酸血症患者です。

しかし、健康診断の結果をみても、放置していました。
放置していたら、『痛風を発症』しました。

本気で治したい人の痛風 [ 日高雄二 ]によれば、『痛風を発症した』ということは、病気が一段階悪化したことを示しています。と言われています。

病気が進んだ。と言われると、あぁ~~。と思います。

痛みがでないと病院ってなかなか行かないんですよね。

高尿酸血症から痛風発症までのメカニズムは下図のとおりです。

高尿酸血症

高尿酸血症

『尿路結石・腎障害』と怖い病名も出ていますが、8.0mg/dlを超えると可能性が高まるのだそうです。
怖いですね・・・ 私は痛風が発症してから病院に行きましたが、早めに医療機関を受診しましょう!

尿酸とは、細胞の角の中にある遺伝子の構成成分であるプリン体が代謝されて最後に残った物質です。
簡単に言うと、「細胞のゴミ」ということになります。
ゴミならすべて体の外に捨ててしまえば良いようなものですが、なぜか人の体は、尿酸を一定量体の中に残すような仕組みを持っています。
くわしいことはまだわかっていませんが、どうやら尿酸は人にとって必要なもののようです。
ところが、尿酸が増えすぎてしまうといろいろな病気が起きることが分かってきました。→代表的な病気が「痛風」です。
尿酸値をしっかり下げるコツがわかる本 [ 大山博司 ]

痛風の発症箇所

右足首の突然の痛み。 う~ん。痛風ですね Part1に書いたとおり、私は「足の甲」に初めて痛風を発症しました。

本気で治したい人の痛風 [ 日高雄二 ]によれば、足の親指の付け根がもっとも多く、全体の70%の発症確率だそうです。
いずれにしても、どこに発症しても痛~~いです!!

痛風発症箇所

痛風発症箇所

イラスト提供元:こどもや赤ちゃんのイラストわんパグ

  • 私もかかりつけの先生に教えてもらいましたが、発作は「一カ所のみ」に発生するそうです。(単関節痛とおっしゃっていました)
  • 前兆で『ピリピリする』(私もありました・・・)
  • 夜中から明け方にかけて突然発症する(風邪もそうですが、なんで夜中なんですかね!? 私は夕方でした)

痛風が発症してしまったら

医療機関が開くまでは応急処置をしましょう

  • 患部を冷やす(私は湿布をはりましたがあまり効果はありませんでした。氷で冷やすと多少痛みが和らぐそうです)
  • 患部を高くする(患部を心臓より高くすると血流が改善し、多少痛みが和らぐそうです)
  • 安静にする(整形外科の先生にも言われましたが、マッサージは逆効果だそうです)
  • お酒は飲まない(私はちょうど発症二日目が飲み会でした。無理して飲んだら次の日大変でした)

まずは病院に行きましょう!!(内科か痛風外来です)

強い炎症止めを飲んだら、すぐに痛みがなくなりました。
1~2週間でほぼ痛みがなくなります。

痛風発症後の食事

右足首の突然の痛み。 う~ん。痛風ですね Part2にも書きましたが、27歳で結婚後、最大で16kg体重が増えました。

(久しぶりに級友にあったら、アンパンマンか!?と言われたほど)

しかし、オムロン 体重体組成計 カラダスキャンを購入して順調に減量中です。(生活改善をすれば尿酸値は下がる可能性が高い。とかかりつけの医師より)

3ヶ月で7kgの減量に成功しています!!

2014.6.8 現在体重記録

2014.6.8 現在体重記録

by ウェルネスリンク わたしムーブデータより

目標は2kg/月

急激に体重を減らすと、リバウンドする可能性があります。
また、1ヶ月で体重の5%を超えて減量すると、体が飢餓状態と認識し、さらにリバウンドする可能性が高くなるそうです。

『無理なダイエットをすると、ホルモンは「飢餓状態」と感じて「運動している場合ではない」と摂取栄養分を筋肉や肝臓にエネルギーを保存せずに、「使わないエネルギー」つまり脂肪を増やしてしまうので、リバウンドしてしまうのです。』
「趣味、ダイエット」卒業しました。20kg痩せた私から繰り返したくないあなたへ-【電子書籍】より

また、極端な食事制限により、血中の尿酸が増え、痛風発作のリスクも高くなってしまいます

  • プリン体を減らす
  • アルコールを減らす
  • 水分を増やす

以上がコツです。すべて『禁』にすると続きません。
』にするのがコツです!

尿酸はプリン体から出来る。体内で作られる分が多い

昔は、プリン体を含む食品を厳しく制限した食事療法が行われていたそうですが、最近ではそれほど神経質に行われていないそうです。

プリン体は、体内でつくられる量が8~9割、食事から摂取する量は1~2割と体内で作られるほうが圧倒的に多い。だそうです。

また、尿から2/3、便から1/3が排泄されます(少量は汗などから排泄)
本気で治したい人の痛風 [ 日高雄二 ]より

したがって、過剰に食事制限をする必要はないと思います。
私も摂取カロリーは相当気にしていますが、食事内容についてはなるべく神経質にならないようにしています。

  • 豚肉→鶏肉
  • 卵は一日一個まで
  • 大好きな日本酒は避けて焼酎の水割りにする

一応気は使っていますが・・・
アルコールも毎日飲んでいます。しかし量は減らすように努力しています。
禁酒してストレスをためてもまた、尿酸量が増えてしまいます。

とにかく過度な食事制限は避けて、2kg/月減量を目標に生活習慣を改善、お互い頑張りましょう!

痛風発症後の運動

激しい運動は逆に尿酸値を上げる

筋肉を動かすエネルギーは通常は呼吸で吸った酸素から得ていますが、激しく体を動かすと、筋肉が酸素不足になり、ATPという物質からエネルギーを取ります。
その結果、体内のプリン体が通常よりも多く作られ、尿酸が増えます。

スポーツ選手には痛風で苦しむ人が多いそうです。
以外ですよね。

本気で治したい人の痛風 [ 日高雄二 ]より抜粋

私は現在、摂取カロリーに気をつけているだけで運動はしていません。

痛風・高尿酸血症の運動には、

  • 少し息が弾む程度のウォーキング
  • サイクリング
  • ゆっくりとしたペースの水泳
  • などが良いそうです。

痛風発症後の尿酸値目標

コントロールの目標は6.0mg/dl以下

できるだけ薬物治療はしたくないですよね・・・

まずは生活改善。可能なら軽い運動。

あるテレビでやっていたのは、尿酸値6.0mg/dl以下の状態を2~3年間続けられれば、高尿酸血症は完治するのだそうです。
2~3年て・・・長いですが、なってしまったものはしょうがない!!

本ブログをここまで読んでくださった読者の方は、ご自身もしくは身内の方が高尿酸血症かと思います。

私も10年以上かかって増やしてきた体型。生活に気をつけながら高尿酸血症→痛風の完治を目指してお互い頑張りましょう!!