ホワイトボードを使うとなぜかアイデアが浮かんできます

スルスルと書いては消して、脳も活性化!アイデアもスルスルと浮かんでくるような気がします。

そんな私の相棒ホワイトボードは、Nuboard(ヌーボード)

ヌーボードを知ったきっかけは、マンガでわかる!幼稚園児でもできた!!タスク管理超入門-【電子書籍】という、「タスク管理術の本」でした。

お気に入りのNuboard(ヌーボード)。でも、当初から気に入らなかったのが、ホワイトボードペン(ホワイトボードマーカー)
nu boardにもホワイトボードペンが付属してきます。

でも、もっともっと書きやすく、すてきなペンがあるのでは?
そんな気持ちから、何種類かホワイトボードマーカーを購入したので、レビューをかねてご紹介したいと思います。

large_3018144285

photo credit: Sint Smeding via photopin cc

結局付属のホワイトボードペンが一番!

試しに私が購入したのは3種類。
すべて、黒、青、赤と3色!なんて無駄遣い・・・

nuboard1

nuboard2

結局のところ・・・

NuBoard付属のホワイトボードペンが一番細く、書きやすかったです!

さらに極細のホワイトボードマーカーが気になる

最新のnuboardに付属しているドイツ製の超極細ペン

しかも手で触れても消えない!

でもでも・・・
・私の場合、少し書き間違えたときには、指でちょこっと消すことが多い
・なかなか消えない = 付属のイレーサーですべてを消すのが大変そう

以上の理由から購入を見送っています。

結局のところ、PILOT パイロット ホワイトボードマーカー 極細・イレーザー付 WBME-15EF、NuBoard標準付属のホワイトボードペンが一番細く、書きやすいです!

なんで極細ホワイトボードペンがほしいの?

2014年6月にA4サイズのNuBoardを購入しました。

でも。

以外と大きくて、サッと取り出してメモするには大きすぎるんですよね。

そこで!

つい最近(2014年9月)に、新書版のNuBoardも追加で購入しました。
この使い勝手がよいことよいこと。
しかも、初代ヌーボードは、表紙が紙製のため、A4版はすでに角にダメージが・・・
しかし、この新書版 ヌーボードは、表紙がプラスチック製に改良されたため、気軽に持ち運べます!

新書版ヌーボード

極細のPILOT WBME-15EFなら、スペースを気にせずたくさん書けるんです。

書いて持ち運ぶと、さすがに消えてしまうことがあるので、基本的に書いたらEvernoteのドキュメントカメラでパシャッ。

ストレスフリーにメモが取れます!

紙とは違うホワイトボードの魅力。

書くのもスラスラ~。アイデアもスラスラ~。

そんな魅力的なNuBoardを是非お試しください!