「体重を減らしても尿酸値が下がらないじゃないか!!」

リウマチ科の先生におもわず叫びたくなりました。
(もちろんそんなことは言えませんよ。心のなかでです・・・)

37歳右足首の痛みから発症した痛風
まずは生活習慣の見直しから始めましょう。と言われて始めたダイエット。
でも、体重を減らしただけでは尿酸値が下がらない・・・

その後、痛風の薬物治療へ。
すっかりと遅くなりましたが、痛風治療薬(フェブリク錠)の効果を書いていきたいと思います。

過去記事は、下リンクからご参照ください。

右足首の突然の痛み。 う~ん。痛風ですね Part1
右足首の突然の痛み。 う~ん。痛風ですね Part2
右足首の突然の痛み。 う~ん。痛風ですね Part3 & 効果的なダイエット方法
右足首の突然の痛み。 う~ん。痛風ですね Part4
痛風になったあとの基礎知識

痛風治療履歴概略

詳しくは、前回ブログ右足首の突然の痛み。 う~ん。痛風ですね Part4をご参照ください。
概略を書くと、痛風を発症したのが、2014年3月。37歳当時。
整形外科、リウマチ科ともに痛風診断。

6ヶ月で体重を8.3kg 減らし、生活習慣を見直すも、尿酸値8.4mg/dl→8.0mg/dlまでしか下がらず。
私もリウマチ科の先生もあきらめ、薬物治療(フェブリク錠 10mg)を始めるも1ヶ月では尿酸値が下がらず。

7ヶ月後から、フェブリク錠を20mgに増やしました。

そのさらに5ヶ月後(発症からちょうど1年後)の尿酸値は?

薬物治療結果

結果的には、フェブリク錠を20mgに増やして、5ヶ月飲み続けたら、尿酸値が正常値の6mg/dlまで下がりました!
ばんざ~い!

詳細は下のグラフをご参照ください。

尿酸値と体重推移グラフ_150531_01

がんばって体重を減らしたのですが、尿酸値は下がりませんでした!
V字回復ならずU字回復中
そう! 薬に頼るべし!!

というのは悲しいですが、やっぱり薬の効果は絶大ですね。
また、最初の痛風発症時健康診断で、糖尿病予備軍に仲間入りをしているので、体重増もほどほどにして今後も尿酸値を上げないように気をつけたいとおもいます。

前回ブログにも書きましたが、フェブリク錠を飲めば、4ヶ月で8割の人が正常値に戻るそうです。
私も平均的人間でした。
この1年間の記録が痛風仲間の!?お役に立てればと思っています。

今後

2014年3月 37歳での痛風発症(当時尿酸値8.4mg/dl)から、約一年間で尿酸値が6.0mg/dlと正常値に戻りました。

今では、調子にのって大好きな「ビール+レバニラ」という痛風にとっては最悪な組み合わせも、たま~に。そうたま~に、いただいています。

また、定期的に尿酸値は測定予定なので、変化があったら当ブログに結果を書いていきたいと思います!

これにてひとまず、痛風記事は完結したいと思います!